楽天ポイントギフトカードの使い道はどういうものがあるのかを解説してみた

最近はいろんな人が電子ギフト券を贈り物として贈る人が増えています。

そんな電子ギフト券ですが、最近特に多くの人が贈り物として選んでいる電子ギフト券が楽天ポイントギフトカードです。

ただ、実際にこのギフト券をもらってもどういう使い道があるか分からないという人も多いです。

そのためもらっても困惑してしまうということもあります。

ですが、楽天ポイントギフトカードはとても使いやすくて便利なのでもらって嬉しいギフト券であるのは確かです。

楽天ポイントギフトカードの使い道はどうなっているのか

実際に楽天ポイントギフトカードはどういう使い道があるかというと、まずは楽天市場で1ポイント1円として使うことができます。

これは楽天ポイントギフトカードという名前からも分かると思います。

では、楽天市場以外では使えないのかというと、そうではないです。

楽天ポイントギフトカードの良いところはこれで街にある飲食店の支払いに使えるところです。

もちろん、そのためにはそのお店が楽天ポイントを使って支払いができる必要があります。

つまり、楽天ポイントギフトカードというのは楽天ポイントで支払いができる楽天市場や街にある飲食店の支払いに利用できるということです。

もちろん、これ以外にも楽天ポイントが使えるお店で支払いに利用できます。

現金化もできる

いろんな使い道があるので普通に使っても問題ない楽天ポイントギフトカードですが、やはり使える場所は限られます。

かなりいろんなところで使えて便利ではあるのですが、どこでも使えるわけではないので現金の方が良いと思う人もいるかと思います。

そういう時は現金化の業者を使うことで楽天ポイントギフトカードを現金にすることができます。

その際にはできるだけ換金率が良い業者を探す必要があります。

せっかく楽天ポイントギフトカードを現金にしても使える額が大幅に小さくなっては損だからです。

なので、楽天ポイントギフトカードを業者に買い取ってもらう際にはどこの業者の換金率が良いか調べることが重要です。

楽天ポイントギフトカードはよくある電子ギフト券よりも使えるところが多いのでかなり使い勝手が良い電子ギフト券であるのは確かです。

ですが、それでも使えるところは楽天ポイントで支払いができるところに限られるので現金ほどの便利さはないです。

なので、これを現金にして使うという使い道もありますがその際にできるだけ換金率が良い業者を選んで買い取ってもらうようにするのがオススメです。

そうすれば現金にしたところで使える金額がそこまで大きく下がることもないです。